スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

韓たび☆「北村韓屋マウル」 伝統韓屋の街並み

   ☆韓国ソウル旅行⑪ (2009/7/24)     ⇒前回までの韓国旅行はコチラからどうぞ

IMG_2382.jpg


  韓国の伝統家屋が残る、三清洞」の街角保存地区 「北村韓屋マウル」 プクチョンマウル

  ひと目見て 「素敵~!」と一目ぼれの街並みです。
  「クレア・ソウルの竹内結子さんが表紙の写真は、この辺りで撮影されたんじゃないかしら。

      IMG_2214.jpg

  その昔、王族や貴族が住んでいたこの地区’三清洞’には昔ながらの韓国伝統家屋が
  数多く見受けられます。 ソウルにありながら喧騒とは程遠い優雅な空気感で
  とても雰囲気ありますね~♪ 来られてうれしいです。

  やはり親しみを感じるのは、同じく 「街並み保存地区」 のわが街 「京都 Kyoto」
  似ているからじゃないでしょうか。 古くて伝統的だけど、なんだかモダンにも感じられる新しさ
  そんなホッとするような街並みです。

  親切なタクシーの運転手さんのおかげでここまでやってこれました。
  かなり入り組んでいて、車が行き交えないような細く曲がりくねった道を
  「大丈夫かな~??」って心配するほど大胆に入っていってくれましたよ(笑)
  (ほんとは降りて歩きたかったところですが・・・)

  途中、そろそろ外にでて写真を撮りたかったし
  ここからどうやって元の地下鉄駅まで帰っていいのやら不安になったので
  「まず、ここで停まってもらって、このまま待っていて欲しい」と伝えるのに大変でした
  やっぱり、「STOP!」は通じなかったです(笑) かなりジェスチャーで身体張りましたよ





IMG_2384.jpg

 こんな感じの路地裏の階段、韓国ドラマでぜったいあります。味あっていい感じ。
ドラマで流れてる曲が頭の中で流れちゃいます♪



IMG_2385.jpg

かなりの高低さ、アップダウンのある入り組んだ街並みなのがわかります。
私はちょっとポイントを逃しましたが(タクシー止めてもらえず)
この道から下を見下ろせば、たくさんの韓屋の瓦屋根が眺められるようですよ。
夜の夜景も見てみたいものです。



IMG_2381.jpg

IMG_2378.jpg

IMG_2379.jpg

こちらの博物館らしき建物では、韓国の伝統茶やお菓子もいただけるようです。


     韓国伝統茶
                   * image Photo *


IMG_2386.jpg

  瓦屋根なのに、アイアンの装飾やタイルの雰囲気がミックスされて
  日本家屋とはまた一味違った感じですね。


IMG_2387.jpg

    ソウルタワーも小さくみえていて、お気に入りの一枚です。



   今度来た時は、この路地をくまなく探検してみたいです。

   もっとフォトジェニックなシーンを見つけるのが次の旅の目的です。


   つづく



   次回はいよいよ韓ぐるめ、韓国美肌食、おいしい「サムゲタン」のお店へ!


  
    よかったらブログランキングに1票!お願いします。
      ↓  ↓
   にほんブログ村 旅行ブログへ
  
   
   


  ☆ Kyotoの情報はこちらを覗いてみてくださいね
    ↓  ↓
  にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ   にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ

   


スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
* ce mois *
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

    ブログ内検索
    最近の記事
* profil *

ミニュぅ

Author:ミニュぅ
こんにちは♪
ご訪問ありがとうございます


美味しかった♪
ローカルグルメ
満  載~!

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
 
京都人の身近な京都暮らし
食べたもん日記や旅ぐるめ
海外のTVのことなども
気ままにゆるゆる
やっていきますね(・ω・)ノ

 にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
 

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。